宿坊 静山荘

心と身体を癒す宿

御岳山のご案内

武蔵御嶽神社

                     紀元前約90年、崇神天皇が創建したと伝わる関東一の霊場。

                     日本武尊(やまとたけるのみこと)が東征の際、深山の邪神の放った深い妖霧に道を
                     見失い、万事に陥ったのを白狼に導かれました。その後、大口眞神(おおくちまがみ)
                     として留まり、魔物の退治を仰せつかったとう伝記がのこされています。以来、
                     魔除け、火難除けの神として「お犬様」の霊験の信仰が始まりました。御岳神社は
                     その武具を納めた社であり、「武蔵御嶽神社」と国号の「武蔵」をつけて呼ばれるように
                     なったと言われています。

山岳信仰、修験道の中心として、鎌倉の有力な武将たちの信仰を集め、魔除け、火難除け、延命、長寿、子孫繁栄の神
として栄えました。聖武天皇、源氏の時代を伝い、江戸時代には民衆の信仰を受け、今も参拝客が一年中訪れます。
また、武神の山とあって、長編小説『大菩薩峠』の「机 竜之介の音なしの剣」の一場面にもなり、文学碑でもその名を
残しています。

この社は多くの戦乱の中、文暦元年には伊勢大宮司の中臣国兼に、江戸時代には大久保石見盛長安の普請奉行に
より、修復、造営を行われてきました。明治維新の神仏分離政策により、仁王門から仁王が取り除かれ、替わって
右大臣、左大臣の像を安置、二層楼閣だった造りを一層に改め、現在に至ります。本殿は神明造り、拝殿は権現造り
の古き神仏混合時代の名残があります。

境内にある宝物殿には、日本三大鎧のひとつ、鎌倉時代の武将畠山重忠が奉納した国宝「赤糸威大鎧(あかいと
おどしのおおよろい)」や武将達の鎧、太刀など、多くの重要文化財が展示されています。入口には、鎌倉時代の
武将畠山重忠公の馬上像があります。

毎年6月第3日曜と9月の敬老の日には、都指定無形民族文化財の太々神楽が披露されるなど、年中行事も多数
行われています。

営業時間:宝物殿9:30〜16:30
休業日:年中無休、宝物殿は木曜日
料金:宝物殿入館料300円

日本武尊(やまとたけるのみこと)東征の頃からあるという、推定樹齢1000年のケヤキ。樹高約23m、幹周約8.2mもの大木は、御嶽神社の御神木として、荘厳な雰囲気を醸し出しています。昭和3年(1928年)に、国の天然記念物に指定されています。

神代ケヤキ

ロックガーデン(岩石園)

七代の滝から綾広の滝まで、苔むした岩間を流れる清流沿いの登山道(約1.5km)が、御岳ロックガーデン(岩石園)として整備されています。
夏には山野草が、秋には渓谷の紅葉が彩る歩きやすいコースです。
平成12年には東京都の名勝・奥御岳景園地として指定されました。

七代の滝(ななよのたき)

七代の滝とはその名の通り大小7段の滝から成る美しい滝です。
滝上には「天狗岩」があり、落差約50mの滝から流れる水が透き通る音を残し岩と岩の間を抜けていく静かで涼しげな場所です。
水量の多いときには、マイナスイオンをたっぷり浴びることができます。
冬場は滝全体が氷の柱にかわり、透明感のある神秘的な姿を見せます。

静山荘での滝行では水の状態によりここで行うこともあります。

綾広の滝(あやひろのたき)

落差10m、滝壺の深さ1.2mの奥深い味わいのある滝。
古来より御嶽神社の禊(みそぎ)の神事が行われることから「修行みそぎの滝」とも言われています。
すぐ近くには中里介山の『大菩薩峠』に出てくる「お浜の桂」もあります。

静山荘での滝行は、通常ここで行います。

レンゲショウマ群生地

全国でも珍しい、レンゲショウマの群生地。
毎年夏には約5万株のレンゲショウマがいっせいに咲き誇り、淡い紫色のかれんな花を一目見ようと、多くのハイカーで賑わいます。7月下旬から9月上旬が見頃。
8月にはレンゲショウマ祭りも開催されます。

天狗岩

ここには天狗岩とよばれる巨大な岩が立ちふさがります。
七代の滝と岩石園を分ける独特の雰囲気をもつ存在感のある場所です。

天狗腰掛杉

武蔵御岳神社から綾広の滝、または奥の院の方に行く途中にある、樹高60mの大木。
天狗が腰掛けたとされる枝も見られます。

その他 武蔵御岳山を紹介しているホームページ

御岳山登山鉄道  http://www.mitaketozan.co.jp/index.html
御岳山観光協会  http://www.mt-mitake.gr.jp/
御岳ビジターセンター http://www2.ocn.ne.jp/%7Emitakevc/
青梅市        http://www.city.ome.tokyo.jp/index.cfm/30,html 
アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業

〒198-0175  東京都青梅市御岳山43
TEL.. 0428-78-8445 FAX. 0428-78-8498

トップページ
宿泊のご案内
御祓い
滝行・瞑想
空き情報
アクセス
お問合せ
個人情報について